磐田さんとサッカー周辺のあれこれ


by shio_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2005年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 今期、唯一楽しみに見ていたドラマ「タイガー&ドラゴン」、ちょっとうたた寝している間に放映終了。
 いちおう録画はしていたのだけど、野球の延長戦のためにお尻30分がぶっちぎれてました……。

 
  _| ̄|○



 野球も規定時間内で終えられるようなルール作ってくんないかなあ……。
[PR]
by shio_s | 2005-06-25 01:32
 さても、対ブラジル戦@コンフィデです。

 夜明け前だというのに、食う軍仕様で頑張るわたくしですが、ブラジル料理などろくに知りません。唯一食べたことあるそれは、シュラスコ。うん、家庭料理としては無理すぎだから、それ。
 というわけで、グーグル先生にお伺いして最初に出てきたレシピの中で、比較的手に入りやすそうな食材で構成されているブラジル料理を作ってみました。

・白ご飯
・鶏肉のデスフィアーダ

 白ご飯ってまんまだろ、ヲイと思われるでしょうが、違うんだな。タマネギとニンニクをみじん切りにしたのとご飯を、鍋でことこと煮るんだな。
 で、どんな感じになったかというと、我らが可愛いホドリーコ・グラウには、日本の炊飯器を是非贈ってあげたくなるっつー感じでございました。水加減間違えたみてーな味&姿形。
 デスフィーダの方は、普通に鶏肉のトマト炒めって感じだったのでこれはセーフ。

 それはさておき、試合ですが。
 「日本にはジーコみたいなプレイのできる選手はいない、奴はベンチに座ってる」とごもっともなこき下ろしぶりを見せたブラジル側ですが、蓋を開けてみれば、ちゃっかりガチのメンバー。温存するんじゃと言われていたカカもロナウジーニョもちゃんといます。
 どうなることやら、と一瞬、先が思いやられたわけでございますが、試合が始まってみれば素晴らしい善戦をみせます、日本代表。華麗なテクニックを次々に披露するブラジルの選手たちを前に、地味に粘り強く自分たちのサッカーを繰り広げております。
 ヨシカツなぞは文字通り体を、つーか顔を張ったプレイまで繰り出しました。前歯折ったんじゃないかと心配したです。マコは時々えらいズドンと抜かれてはおりましたが、ピンチを救った場面も再三ありました。福西さんは、たとえ世界のロナウジーニョ相手だって隙あらば肘をぶちかまし削りにも行きます。
 圧巻はやはり大黒様で、出て来ればきっちり点を取るところがおさすがでございますな。いま日本でもっともFWらしいFWの双璧ではないでしょうかのー(もう一方は大久保嘉人)(高原はどうしたと言われると、彼は何より運がないのでなぁ……) (中山雅史は現人神なので除外)。

 結果、王者ブラジルを相手に2-2のドロー。
 残念ながら、勝てねば次がなかったレギュレーションのため、ここで敗退。加地さんのゴールが認められてりゃナアとか、ギリシア戦でもっと点取ってりゃあナアとか、いろいろあるにはありますが、ともあれ皆様お疲れ様でしたー。
[PR]
by shio_s | 2005-06-23 03:57

いかにも

 いかにも磐田っぽいスキンみつけたので、使ってみます。すっきりしていてとてもよいです。

 そういえば、和服話のついでですが、とある呉服屋さんであれこれ眺めていたら、「まずは紋入りの色無地を作られることですね」とすごく言われて、困りました。紋って、どこの? 実家の家紋? 一生いかず後家宣言? それとも母方の紋使って、女紋?
  「あ、そうだ! 磐田のエンブレムいれちゃえ、磐田の! サックスブルーの色無地に三光鳥のマーク! これはかっこいい!」とか、思ったのですが……たかざっちに話したら、えらい呆れられました。うん、高価な和服でそれはないよな(て、ことはやっすいポリとかでなら試してみる価値あり?)(うわ、ホントにやってみたくなってきた)(著作権とかで怒られそうだ)。
[PR]
by shio_s | 2005-06-22 01:34 | 業務連絡
 なんとか着付け教室にも毎回通い、すっかり上達しましたよ!



 着物の畳み方が。
 
 

 本当にこれ以外、いっこも上手くなってないのが切ないです(泣)。相変わらず、お教室の皆様に見るに見かねてって感じでアドバイスいただいてます。

 ところで帯結びを始めて判ったのですが、わたくしの手持ちの帯(=みんな母や叔母からの貰い物)は、いわゆる「お太鼓柄」と言って、お腹のところと背中のお太鼓の部分だけにしか図柄がないっつーものでした。
 で、超不器用なわたくしがこれを結ぶとどうなるかというと……アラびっくり! 水仙柄なのに茎しかないやとか、菱形マークなのに三角形に見えるとか、なんだかプチ・イリュージョンな有様に。
 これをして、「こういうお洒落なの!」と言い張れるほどには我が強くないわたくしです。素人でも安心、端から端まで模様びっちりの「全通柄 」の帯を是非とも練習用に手に入れたい。
 しかし、近所にリサイクルの着物屋さんなどという気の利いたものはなく、かといってこの腕前で新品誂えるのなどは言語道断でございますから、ここは一つネットの大マーケット、ヤフー・オークション様にお縋りするしか他になく、ちょろちょろと覗いてみたのでございますが……。

 やばいです、この業界はわたくしにはやばすぎます。

 なんだか知らないけれど金魚の模様が大好きなわたくしは、金魚がついてるってだけであれやこれやと買い込みたがりの人生。そして、このジャンル・和服は縁日の薄暗い裸電球の下で繰り広げられる一メートル四方の戦場並に金魚びちびちの、金魚マニア殺しの場だったのです。
 「うおー、帯が! 下駄が! 帯留めが! きんぎょー、きんぎょーっ!」と大興奮。
 自分の懐具合もロクに考えず、ネットのリングへと躍りだしてしまいました。

 「ああ、このままいったら、あっとゆー間に我が金魚コレクションも大充実に!」としばらくはうっとりしておったのでございますが……。
 実は、世にはわたくし同様金魚の絵柄がついてるだけで「買わなくてはっ」という衝動に突き動かされる方というのが少なからず存在し、その中にはわたくしのソレよりも遙かにでっかいお財布をお持ちの方も多数おられるのです。
 とんでもねー金額でドコドコ競り落とされていく品々を見ているうちに、わたくしもすっかり冷静になりました……まずは、やっすい練習用の帯だ。うん、それ買おう……。
[PR]
by shio_s | 2005-06-22 01:11

ああ、明日の空はブルー

 仕事が日々切羽詰まってきており、またもサッカー以外に楽しみのない可哀想な人になりつつあります。
 そんなこんな対ギリシア戦@コンフィデ、今日は徹夜明けで沈没しちゃったたかざっち抜きでロンリーなテレビ観戦です。
 「ギリシア」と聞くとすぐに、某ビックリ人間大行進、僕らは光よりも速く飛び回って女神の敵と戦っちゃうよ!なアレを思い出すダメ・ヲタクなわたくしですが、食卓にはギリシア戦のワイン、つまみになんちゃってムサカも作りました。ウサギリンゴにしなかったのは、大人の理性です(ごく一部の方にしか通じないネタですみません)。
 このワイン、昔、お友達にもらったドイッチェの貴腐ワインの次ぐらいに甘く、持て余しました。ドイッチェのワインは目玉飛び出るような価格だそうですが、ギリシア・ワインは980円。ギリシア人は気前がええのうー!(←利き酒大会とかに出たら、大恥かくこと間違いナッシングの貧乏舌)

 さて、当家の食卓事情はともかく。
 ヨウロッパチャンピョンの輝かしい称号を冠するギリシアに対して、我が日本は「ホントにまたやるの?」の4バック。神様ジーコ様ご就任以来……否、カモシュー先生の昔から4バックにいい想い出がないわたくしは「えええええ」という感じでしたが、今回はそれがうまいことハマった模様です。つーか、加地さんがかつての加地さんじゃないよ! 確変してるよ!
 堅固な守備を重ね、中盤を完全に支配してパスを繋ぎ、しかしフィニッシュで毎度毎度しくじるという、日本サッカー伝統の様式に乗っ取って試合は進み、ついに後半、神様大黒様のシュートで雌雄を決しました。今日、試合見られなかったたかざっちは負け組決定。
 ヨウロッパ・チャンプ様はいったいどうしちゃったのという動かなさで、サポーターはさぞイライラさせられたことでしよう。負けることそのものよりも、応援してるチームが気持ちを見せてない・走らないことの方が何よりムカつくのは万国共通かと思うので。

 これで、決勝リーグへの希望を繋いだ我が日本代表。
 次の相手は、えーと……ブラジル~? マジですか!
[PR]
by shio_s | 2005-06-19 18:35

酒とメヒコと脂肪と女

 なんかこの間、ワールドカップだ、わあわあわあとか言っていたのも醒めやらぬ間に、コンフィデが開幕でございます。
 五大陸大会とかご大層な名前がついている割に、どこの国にも「なんか邪魔っけ……」みたいに疎まれがちなこの大会。そのためにと言っちゃアレですが、我らが日本代表もけっこういい順位まで進んだこともございました。

 で、本日その初戦は、対メキシコ戦。
 メキシコは、2002年のワールドカップの際イタリアと同ブロック。
 わたくしどもはイタリアTSTチケを持っていたので、陽気なメキシカンたちによる、あの「メ・ヒ・コ、メ・ヒ・コ、ララララー」という声援と、何がどーなってんのか判らないシャコシャカコャコシャカとけたたましく鳴る民族楽器に、よく取り巻かれて過ごしたものでございました。駅で迷ってたメヒコのご一家に、代わりに切符買ってあげたこともあったなあ。大分でメヒコ美女の写真を撮らせてもらったこともあったなあ。

 そんなこんなでなんとなく想い出がいっぱいな状態で見始めた、この試合。
 食卓には、テキーラとタコスを完備済みです。
 このタコス、ネットでレシピを検索して皮(トルティーヤと言え)以外の部分はちゃんと手作りしました。これがけっこう美味くてですね、さんざんガツガツ飲み食いしたあと。ふと、たかざっちがレシピの片隅にあった文字に目を落とし、「699カロリーって書いてある……」
 ……深夜に699カロリーをつまみに、蒸留酒に甘い果汁等をぶち込んだ酒と麦を醗酵させた酒を飲みまくっていて、いったい太らない人がこの世におりましょうか(反語)。
 
 そんな、身を挺してA代表を応援するわたくしどもの健気さが天に通じ(?)、なんと公式試合18連勝中のメヒコ様相手に、日本先取点! ひゃっほー!
 「すげー、日本がメヒコ様の記録をストップしちゃうかもしれねえ」と浮かれたのですが、うん、そんなわけなかったよね。
 とりあえず、初めて先発の茶野さんが映るたびに、ドキドキしっぱなしの90分+αでございました。

 ところでユースはスルーですか、と言われそうですが、ユースもちゃんと見てます。しかし、さすがにユースでまで食う軍体勢でいったら大変なことになるので、水とかお茶飲みつつ拝見しております。ボビーが一日も早く得点しますように。つーか、クマたん、ボビーがなんで守備一辺倒に追い込まれるのかを考えて修復してあげてー(泣)。平山くんは肘の使い方を福西さんに習って下さい。わざとやってるのならひっそりと確実に敵を倒し、そうでないのなら無駄に相手に腕を当ててファール取られるのはもうやめれ。これは批判ではなく期待を込めて、です(いまマイブーム)。 そして、俺たちの華麗なるフナティニにも出番がくるといいなあ。
[PR]
by shio_s | 2005-06-16 16:01
 実は最近、着付け教室に通い出しました。

 以前、日記で「最近、サイズが目まぐるしく変わる。こんなとき着物だったら楽そうだ」とかえらいイージーなことを書き、マニアックに着物を愛する友人が口きいてくれなくなっちゃったことがありました。
 そのときは、「実は自分は草履で歩けない」ということを思いだして断念したのですが、その後、他の友人から、「最近は足を痛めずに履ける草履がたくさん出回っている。着物もアンティークなどで手に入りやすいし、チャレンジしてみたら如何か」と薦められたりして、「そうかー、歩けるのならいいかもなー」と、ちと考えていたのでございます。
 
 しかし、「さあ着よう」って言ったって、現代日本人の9割以上が自力で着られないという恐るべき民族衣装でございます。頼みの綱の母は、当時の日本人女性としては背が高すぎ+プロポーションよすぎ+顔がバタくさすぎで、「キル・ビル」のルーシー・リューよか着物が似合わないっつー人だったので、「忘れた、習ったけど何もかも忘れた」と繰り返します。
 こんな時、華道・茶道・日本舞踊と三連コンボの免状だかなんだかを持っていたという祖母が存命ならどんなにか心強かったのですが、まあそれを言っても始まらない。
 「どうしても着たいなら、やはりどこかで習うしか。しかし、よくある着付け教室にいくと、めちゃめちゃいろんなもん買わされて恐ろしい思いをするらしいしのう」と、考え込んでいた矢先、市の広報紙に「6月半ば~7月上旬・着付け教室開講」のお知らせが載っていたのです。

 折しも、Jリーグは中断期間。
 いつもはスタジアムにいるかテレビにかじりついているかのどちらかの週末ですが、いまならヒマです。や、仕事はつまりにつまっているのですが、週に一度、一時間半程度ぐらいは外へ出ないとストレス死します。そもそもわたくしは、家でじっとしているのが苦手。作家も通勤して出社して9時から17時半まで働くというシステムになってはくれないかと、本気で思っているほどでごさいます。
 「新しく越してきたせいで近所のこととか何にも判らないし、これなら地元の人と情報交換する機会もありそうだ。ちょうどいいぞー」と、申し込んでみたのですが、最初に手渡された案内書を見て、愕然。
 
 「必要なもの:着物一式」

 _| ̄|○

 もうそこからわかんねいんですってば(泣)。
 ママンのくれた着物だの紐だのいっぱいあるけど、どれがどれだか見分けもつかねんですってばーっ!
  ネットで有る程度は下調べをして選り分け、けれど結局、初日は周りの人より軽く1.5倍ぐらい荷物多かったです……。
 教室に通う方も様々で、若い頃に習ったけど少し忘れてしまったという方や、他の教室で習ったけどもう少し人に教わりたいという中級者の方から、着物なんて成人式でしか着たことなーいというド初心者と一通り。
 特に、初めてである上に、生来とてつもなくぶきっちょ+頭の神経と手足の神経の断絶が深刻なわたくしは、一人でモタモタしてます。最初は先生が教えて下さり、そのうち周囲の中級者の方が見るに見かねていろいろと教えて下さるというアドバイス・スパイラル。家でテレビとか見ながらも自主トレしたりしてるんですが、なかなかうまくなりません、うう(泣)。
 着物着るだけでもひどくアレなのに、ついに教室は帯の段階へと突入してしまいました。

 早くも落ちこぼれの予感がしてきた、ささはら和装化計画。
 今年の冬ぐらいまでには、おんもを着物で歩けるようになってるといいんですがのう……。
[PR]
by shio_s | 2005-06-12 12:28

ドイッチェへの道

 運命の北朝鮮戦です。
 いつも食卓への供物に頭を悩ますわたくしですが、今回はたかざっちが北朝鮮料理の作り方をテレビで見たというので安心です。

 私:「で、調理法は?」
 高:「うん、蛤にね、ガソリンをぶっかけて火をつけて焼くの」

 何、そのアグレッシブ極まるレシピ! そんなんで、ちゃんとした味に仕上げる自信が皆目ございません。ていうか、ふつーの住宅地でガソリンなんかで調理したら通報されますよっ。
  その後、いつもの食う軍様のHPで、「北朝鮮と韓国では食文化に差はあまりない」とのいうことを知り、食卓にはビビンバ(もどき)とキムチに韓国海苔、いつものカツサンドも並べて観戦です。家から7キロ地点の埼玉スタジアムでパブリック・ビューイングなるものが開催されていますが、あれは一度行っただけでおなかいっぱいになりました。

 福西がいつもの3倍テレビに映っているという、なんだか磐田サポ的には不安にかられる展開ながらも、ヤナガシワ選手、大黒様の素晴らしいゴールで順当に二得点。最後は、我らが田中マコのしゃちほこキックまで飛び出して乱闘騒ぎのオマケつきでしたが、やっほーい、ワールドカップ進出です! 一番乗りです!
 いつもハラハラドキドキスリル満点、内容ないぞーとあっちこっちで言われつつも、蓋を開ければこの結果という、我らが日本代表。神様ジーコ様の強運は、高沢中華思想をも簡単に打ち砕きました。なんかもう、すごいとしか言いようがなく。そして、選手達のしっかりさん具合には脱帽ものでございます。わざわざタイまで行ってコール送ってた人たちも偉かったなあ。

 しかし、これでわたくしどものドイツ行きも100パーセント決定なわけで。
 なのに、チケットが現時点でないわけで。
 今後、激化するであろうチケット争奪戦を戦い抜かなくてはなりません。最後は経済力がすべてを制することは想像に難くないのでございますが、我が補給線はほっそいほっそい蜘蛛の糸。できれば、神様ジーコ様並の強運で、三次販売を乗り切りたいものでございます。

 とりあえず、おめでとう日本代表。すばらしいよ、代表選手。
 
 そういえば、うちの茶野さんはいったいどこへ……?
[PR]
by shio_s | 2005-06-09 14:22

気をつけないと

  スカパー見ていたら、名の知られたサッカー解説者の方が「藤田が浦和にいきたいと希望したのなら、磐田はそれを尊重するべきだった」と発言しているのを見て唖然としました。
 おいおいおい、本人が公式HPではっきりと「『2チームの移籍に関して前向きに考えたい』とジュビロ磐田側に伝えました」って言ってますよー! 名古屋もちゃんと俊哉の選択肢の中に予め入ってましたよー! スポーツ新聞に踊らされすぎですよ、あなたー!
 ここのところ、色々と悪役っぽい磐田さんですが、ちゃんと調べもしないでこういうこと言われるのはちょっとナー。素人さんが自分のサイトに愚痴書き殴ってるのとはわけが違うんだからさー(←自分に返ってきそうな台詞)。
[PR]
by shio_s | 2005-06-08 03:08
 下記に「Jはグランパスあってのもの」と書きましたところ、「なんで?」と聞かれましたので……有名な話だと思っていたけれど、知らない人もおいでのようなので(つーか、自分でも忘れそうですが、そもそもここはサッカーサイトじゃないっす)。

 昔々、若きかわぶっちーカピタンとその仲間達が「日本にもサッカーのプロ・リーグを作ろう」と奔走していた頃のお話です。
  彼らが掲げていた「Jリーグは企業のためのチーム作りを否定し、地域密着型のプロ・スポーツとする」という理念を日本リーグ各チームとその親会社は是とせず、喧々囂々。平たく言うと、当時、スポーツ・チームっちゅーのは企業の宣伝のために名前を冠するのが当然だったのです。だから、どこの会社もサッカーチームを作るのだったら、それに自分の社名がつかないとイヤって反応だったわけですね。
 「このままじゃ、最初の一歩も踏み出せずに頓挫するー」とカピタンたちが頭を抱えていた、とき。

 トヨタ自動車の当時のシャッチョさんが、
「我々はJリーグの理念に賛同する。大企業たるもの、その収益を地域社会、引いては消費者へと還元するのは当たり前。欧米ではみんなそうしている。我がトヨタは、新たにできるJチームにトヨタのトの字も使用しない」
 と、おっしゃってくれたおかげで、他の企業もイヤイヤ渋々、社名無しチームの起ち上げを承知してくれた……という、案配なのでございます。

 まあ、名古屋グランパスエイって、ホントは一文字だけ入っちゃってるんですが、そこはそれ(笑)。
[PR]
by shio_s | 2005-06-06 02:22