磐田さんとサッカー周辺のあれこれ


by shio_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

必死なれども空回り

 ジュビロ磐田 0-0 大宮アルディージャ

 事件後、初のホーム・ゲームです。
 観客全員に「お詫び文」が配られ、磐田のサポはもとより、大宮さんちのゴール裏にもスタッフ・選手が頭を下げにいったそうでございます。
 
 試合は、徹底したドン引き戦略で亀のように堅固な大宮さんちの前に、攻撃のアイディアがいま一つ足らないいまの磐田さんでは為す術もなくという印象でした。守備陣は守備陣で、キーパーが能活じゃなかったら二点は食らってたなって感じの不調ぶり。
 さすがに疲れてるのか、選手たちはどちらさんも動きにキレがなく、びっくりするような凡ミス連発なんて場面もあって、今季初のスコアレス・ドローでございます。
  
 悪いところあげつらってても始まらないんで、とりあえず、「久々の無失点だったよ、やったね!」といいとこだけ着目して、ハイ次だ次!
[PR]
by shio_s | 2007-06-21 16:52 | ジュビロ

六月の長い一日

 ジュビロ磐田 2-1 横浜FC

 明け方に原稿つっこんでちょい仮眠、起きてすぐさま取材のため埼玉北部に移動。
 その後、一都二県を突っ切って、横国へ。
 うまいこと湘南ライナーを捕まえられたのですが、しくじったら大宮→東京、東京→新横浜と夢の東北・東海両新幹線乗り継ぎでGO!も辞さぬ覚悟でございました。

 スタジアムはわたくし同様、「今日だけは、この試合だけは、這ってでも行かねばならぬ」と決意漲る磐田っこがびちびちと。選手・スタッフも試合前にゴール裏前で深々と頭を下げるという、アウェイでは滅多に見られぬことなどして。
 そんな異様な盛り上がりの中、アンパンマンの主題歌が流れたときは脱力しつつも笑ってしまいました。なんでも、横浜さんちは試合前の練習時間に選手のリクエスト曲をかけるんだそうで。「アンパンマン」はドラゴン久保っちのリクエストだそうです。そうか、愛と勇気と奥だけが友達なんだね……

 まあ、そんなキュートな心遣いの中、 試合開始→たった5分で横浜FC・平本のもんのすごい綺麗なループ・シュートで失点。って、平本? いったいいつの間に横浜に!? そういえば、いつの間にかヴェルデのヤマタクまでいる! どっちも磐田とは相性悪い選手なので、たいへん不吉な滑り出しです。

 ですが、今日の磐田さんはいつもの磐田さんではありません。
 前半のうちに成岡の渾身のシュートで同点。
 後半には前田のうなぎトラップからの一撃で逆転! うおお、今季初の逆転ですよ! 逆・転!

 むろん、問題点がまったくなかったわけじゃないですが、みなよく走りよく打ち、最後まで集中を切らすことのなかった一戦でした。久々に、不屈の精神を感じる、俺たちの誇れるジュビロ磐田を見せてもらいました。
  この先もしばらくは土砂降りの中で戦うしかないのでしょうが、それでも、このチームがなくなるわけじゃございません。

 そこにジュビロ磐田がある限り、晴れの日も雨の日も、心は共に。

そして、奇しくも。
[PR]
by shio_s | 2007-06-18 00:59 | ジュビロ

なんて馬鹿なことを……

 たとえ、「フェイエに本当はいきたいんだけど、無理そうだから磐田にしとくか」みたいな態度でも。
 たとえ、心臓やぶれそーになる軽いプレーを連発していても。
 たとえ、負けた試合の直後に新潟さんちのバスに乗ったりしても。
 たとえ、なんてかこーなチーム状態のときに「契約切れるし、そろそろ海外いきたいかな」とか言い出しても。

 それでも、心のどこかで、菊地はうちで頑張ってくれるんじゃないか、いつかうちの大黒柱の一人となってくれるんじゃないかと思ってました。

 それで、コレとは……情けなくて涙が出てそうとはこのことでございます。最悪なんて言葉じゃまだ足りない。
 まずは、一社会人としてしっかり罪を償って下さい。選手としてのことは、すべてその後かと。
[PR]
by shio_s | 2007-06-13 19:21 | ジュビロ

風林火山でフルボッコ

 ジュビロ磐田 6-1 ヴァンフォーレ甲府

 取材のためにテレビ観戦すらままならず、都内某所で雷雨に晒されておりました。
 で、現地にいってる友人がメールを届けてくれたのですが、3点越えたあたりからいま何点取ってんだかわかんねって勢いに! すげえ!
 これで完封できたら借金チャラだったのですが、まあそうそううまくはいかぬようで……とりあえず、前田遼一完全復活の狼煙は上がった!という感じのようで、ホント、よかったです、ううー(感涙)

追記:
 最近、「録画した試合ほど負ける」という妙な現象が起きていたため(そこ! 負けてる方が多いから当然とか言わない!)、この試合も敢えて録画せずに外出しました。
 で、翌日11日の録画放送見ようと思ったら……なんか映らないでやんの……スカパァひどいよスカパァ(泣)。
[PR]
by shio_s | 2007-06-11 00:06 | ジュビロ

地味に消化試合

 U-22日本代表 3-1 U-22マレーシア代表

 さっさと決勝ラウンドへと出場決めちゃった日本と、これ勝たないとここでオシマイのマレーシア。モチベーションの差はあれども、そもそも実力段違い。完封・虐殺が最低条件といっても過言出来なく……とか、小難しいこと考えてたかざっちと一緒にテレビつけたら。

 「なんか も こ み ち がいる!」

 なるほどねえ、あれが美形と名高いベガルタさんちの萬代ですか。初めて拝見しました。
 いや、わたくしはJの選手の中でもっとも顔がいいのは、磐田さんちの佐藤洋平だと固く信じているので関係ないですが(うん、好きなんですよ、あの類のお顔)(実物はまたスッと背が高くてたいそうよろしい。笑うと目がなくなっちゃうのが更によろしい)(次点は加賀。って傾向違うな、ヲィ)。

 まあ、そのもこみちを始めとする、「今回、今日初めて見ました」って選手がわんさわんさか。
 大学生が三人もいるという、ちょっと珍しい布陣に。
 そして、その大学生が二得点もするという状態に。
 各チームのサポが「給料払ってるのに! うちの子ときたらっ」とわめいてるのが目に浮かぶようです。

  うちのコータはサイドで懸命にパス配給したり、ボール散らしたりしてましたが、「90分間アピール・ターイム!」って感じのメンバーに心は届かずって様子です。いいアシストもする反面、びっくりするような守備ミスとかもしてたし、今後がちと心配。
[PR]
by shio_s | 2007-06-07 12:34 | 日本代表

地味にタイトル奪取

日本代表 0-0 コロンビア代表

 わたくしの仕事場の最寄り駅から、埼スタへのシャトルバスが発着してます。
 今日、買い物に出かけて、駅前にバスがずらーっと並んでるのを見て、「当日券あるって報道してたし……っ」と、うっかり飛び乗りそうになったですよ。なんとか衝動と戦いましたよ。
 
 まあ、そんなこんなでコロンビア戦。
 モンテネグロ戦スルーですかと聞かれましたが、あっちはタカがゴールしたところで睡魔に襲われちゃってなんともかんとも……とりあえず、今回はコーヒープリンとか買ってみました。コロンビア=コーヒーという安直な発想ですみませぬ。

  最初の布陣に何故か俊輔、ヤット、稲本とパス配給型の選手ばかりがずらりずらり。おかげで、前に飛び出してパス受けるのがタカ一人っきりというエライ状態に。矢野も右から左ー受け流す~のでイッパイイッパイって感じでございましたし。
 ちなみに髪のあるタカを見たのは久し振りなんですが……ひ、額がエライ状態に……やはり磐田のFWはアレな遺伝子が? トトとか隊長とかカレンとか、あわわ。
 途中で羽生が入ってくれて、かなりラクに試合がまわるようになってホッとしましたが、結果はスコアレス・ドロー。  まあ、いままで「引き分けでいい試合をうまいこと引き分ける」というのが出来ない子たちだったのでこの結果は評価されるべきかと思います。

 それにしても、テレ朝の松木&セルシオコンビは相変わらずだなー。
 だんだんと無口になっていっちゃうセルジオおじさん、可哀想……好きな解説者かというとそうでもないんですが、松木さんの横は……辛かろう……。
[PR]
by shio_s | 2007-06-06 14:21 | 日本代表