磐田さんとサッカー周辺のあれこれ


by shio_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ホーム初戦ですよ!

 ジュビロ磐田 2-1 サガン鳥栖

 なんかこのところホーム観戦のときいっつも雨降ってる気がするワーと言いながら、いってきました、俺たちのヤマハスタジアム。
 ホーム初戦ということで、イベント目白押し。餅まきあるんだよね、ワーイワーイ。何個拾えるかナーとかバスの中では思ってたのに、スタジアム着いたとたんに忘れてた馬鹿はわたくしでございます……。バイクの曲芸乗りショーはしっかり見たよ! すっごいかっこよくて、おもしろかったよ!(トライアルバイクと言え)

 で、試合ですが。

・お相手はまたも昇格組の鳥栖さん。
・数年前、チーム解散の危機に晒されて募金活動とか署名運動とかなさってらしたのが記憶に鮮明です。フリエの二の舞だけは見たくなくて微力ながらもいろいろしたのも、いまとなっては懐かしい想い出。
・あと、365日カレー食べて勝利祈願していたド根性の鳥栖サポさんとか。
・自分とこや相手さんのスタメンより何より、主審の名に一抹の不安を覚えた2012年なう。
・ワンコに拍手する磐田サポ。ええ、憎くて別れたんじゃないんです、わたしたち。
・そんなこんなで、試合開始!
・前半17分、びっくりするぐらいあっさり失点。
・あまりに鮮やかなカウンターだったんで、一瞬、「へ? は?」とみんなしてなってたですよ……。
・くそう、さすがのJ2得点王。あんな安心飛び道具があるから、こんなガッチガチに守って守ってってサッカーができるんじゃな!
・しかし、その10分後、俺たちのポエマー山田が得点! あまりに「ちょん、コロコロコロ」という具合で、今度も一瞬、「へ? は?」となった次第。
・それでもええんじゃ! 泥臭いながらも同点ですよ! 
・更に34分、駒野先生によるサッカーの教科書に載せたいような美しいFKにて追加点!
・さあ、もう問題は何もございません! このまま押せ押せどんどんですよ!
・と、思ったんですが……。
・この試合における後半戦とはいったいなんであったのか?
・モリゲーモリゲー、交代枠あと二枚~、あと二枚~!
・ボランチがアレだよねとか前田さん三枚引き連れてるのになんでスペースに開かんのとか連携がソレだよねとかシュートが枠いってないよねとかやっぱり高山さんは一筋縄ではいかんわとか、いろいろあるんですが。
・とりあえず、今季初勝利です! おめでとうありがとう! このままだとひしひしとやばい気がしますけれども、そんな時代もあったねと思えるような今後であって欲しいです。いや、切実に。
[PR]
by shio_s | 2012-03-19 00:19 | ジュビロ

開幕ですよ!

ジュビロ磐田 0-0 コンサドーレ札幌

 磐田サポの方もそうでない方も、こんにちは。
 今年のストーブリーグはいつにも増してエキサイティングでございましたね。俺の西が移籍という驚天動地の事態から立ち直るのに、ちょっと時間を要しました。が、「それ持ってかれたらマジ終わる!!」という前田と駒吉がチームに残ってくれたので、気を取り直して……さあ、今年もJリーグが開幕いたしますよ!!
  
 って、「てめえ、去年の記事、6月で止まってるだろどういうことなの!?」という向きもございましょうが、去年のことなんか正直もうあまり思い出せない今年はなるべくキリキリ書きますので、どうか一つお許し下さいませ(土下座)。少なくとも、もういっこのブログよりはマメに書くよ!(それはそれでどうなの)

 というわけで、本年の開幕は遙か北の大地・札幌からスタートです。
 って、俺たち2006年あたりからずっと初戦に昇格チームと当たってるんですけど!? そろそろJ1の洗礼とかよゆーで浴びせられるチームさんとこの役柄、交代したいんですけど!?
 い、いや、大丈夫。昇格チームに出会い頭にボコられるという伝統芸は、昨年で既に卒業したはず……
 
・スカパーe2、無料開放デーだから実家でも安心!
・しかし、画面を縮められていてとても切ない……
・解説・大森、ピッチ解説・ソダンというなんとなくノーブルなコンビ。但し、前田、山本といったどっちのチームにもいる人たちをまったく区別せずにお話になるので、おそらく観戦初心者大混乱必至。
・とか偉そうに言いつつ、自分も新体制の磐田さん見るの初めてで、時折混乱。
・真っ赤に染まるドーム内、出だしはなんとなく札幌のペースでしたが、途中でぐいぐい押し上げてくる俺たちの磐田。
・けれど、決め手に欠くいつもの磐田。
・札幌さんちは、前田駒野は当然、山田とか小林のこととかもよく研究しているんではないかと思った。
・せめて、ゾノかギュンギュンがいればなあと思う場面の連続。
・後半、札幌の足が止まってきたですよ。
・そこへ、満を持して、アジアのライオン・ペク ソンドン 投入
・よっしゃ、これでがんがん攻めれば勝てる!
・「がんがんいこうぜ」のボタンを連打するけれど、馬車から新手が出てこない俺たちの磐田。
・モリゲー、交代枠あと二枚~、あと二枚~!
・そんなこんなで、最大の見せ場は能活のファインセーブという切ない感じでスコアレス・ドロー。
・でも、守備も思ったよりは安定していたし、FW陣がきっちり揃えばいける! 気がするよ!! ホントだよ!!
[PR]
by shio_s | 2012-03-10 18:05 | ジュビロ