磐田さんとサッカー周辺のあれこれ


by shio_s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2005年 12月 04日 ( 1 )

大モリゲ・小モリゲ

 最終節です。
 本年度リーグ戦の千秋楽です。

 しかし、テレビ放映が一切合切なく、公式の速報だけが頼りという寄る辺のない身の上。仕方なく、日テレでキング・カズのかっこいいところを見たり、C大阪-FC東京戦見たり、お友達から送られてくる携帯メールを見たりして過ごした、なんとも落ち着かない2時間でした。

 ベテラン・森下仁志選手が引退するこの日、新人・森下俊選手が好アシストをして、茶野さんが点を取ったそうでございます。なんか因縁めいてるっすね。それ以外は、目を覆わんばかりのグダグダ試合だったそうですが……
 何はともあれ、森下選手、お疲れ様でした。今まで本当にありがとう。
 トップではなかなかお目に掛かることはなかったけれども、いつもサテでおとーさんか引率の先生のように若手を引っ張ってくれていた、縁の下の力持ち。今後は指導者の道を歩まれるそうですが、磐田に残ってくれるかどうかは決まっていないとのこと。ガンバかコンサに帰ってしまうかもしれないと思うとちと切ないですが、どうかこれからもご健勝に。

 それでもって、トータルで我らが磐田さんは6位。
 なんとか賞金圏内に入りました。つーか、ふと上を見ると、団子になって優勝を争っていた5チームしかいなかったっちゅー。
 団子の一角にもなれなかったのは悔しいですが、一時は16位まで落っこちていたことを思うとナー。若手の台頭もめざましい昨今です。まず、天皇杯。そして、来年のリーグ優勝目指して頑張りましょー!


追記:
 G大阪様、優勝おめでとうございます。
 奇しくも2005年は、オリジナル10全部のチームがなんらかのタイトルを得るという年になりましたなあ。早い時期からコツコツ勝ち点積み上げてきたガンバさんちが優勝つーのは、順当かと思いますです。
 これから、ACL、A3、ゼロックス杯と死のロードが待ち受けておりますが、どうか頑張って下さいませ。も、ホント、キッツイからあれ……。

 C大阪さんちにおかれましては、なんと申しますか…… 「こりゃ勝った! キメたぜ、優勝!」と確信した試合で、最後の数分にぽこんと点入れられてすべてパーというドーハーの悲劇的切なさは、我々、磐田の子たちが最もよく知るところでございます。リメンバー2003。
 げ、元気出してね?

更に追記:
 相変わらずテレビを購入しようとしない相棒に、ことの次第を教えてあげるべと、「あのねー、ガンバがねー、優勝したよ」と電話をしたところ。

 たかざっちは開口一番、「え、何に?」 (しかも素で) 

 「何にって、リーグだよ! 最終節だよ!」と言えば、「だって、磐田はもう関係ないじゃん。今年のJリーグは先月頭ぐらいにもう終わってるよ(しかも素で)」と……いいいいい磐田さーん! 磐田さんが勝たないと、頑なに磐田愛の人・高沢和巳は何もかも抹殺してしまうよー!  おそらく世界選手権も、彼女の中では今年の4月ぐらいに終わっちゃったよー! これからやるのに!
[PR]
by shio_s | 2005-12-04 02:11 | ジュビロ